お問い合わせ

エアコンとの違い自然な室内温度を保ち、
心地よい空間を持続させる。

夏でも冬でも、省エネルギーで節電効果

ヒートポンプ式冷温水熱源機との組み合わせで省エネが可能。
消費電気のエネルギーを約4倍まで効率的に利用するので、電気の使用量を抑えます。更に、CO2の排出量も削減し、節電・省エネ等、まさに時代が要求する経済性を実現する、サステナブルな冷暖房システムです。

冷房時は「木陰の爽やかさ」に。

■冷気が直接体に当たりません。
いわゆる冷房病の心配がありません。
■適度に除湿をします。
過度に冷やすことなく適度な除湿を行い、快適な温湿度環境を実現します。
■音が静かで衛生的です。
風を起こさない冷輻射のため、室内は静かでチリや埃の舞い上がりもありません。
■冷房しながら通風もできます。
輻射による冷房は、高窓を開けた通り風を組み合わせることもできます。

暖房時は「陽だまりのあたたかさ」に。

■室内の上下の温度差が少くてすみます。
輻射熱が壁や床にも伝わるため、室内の温度を均一に保つことができます。
■室温が低くても心地よく過ごせます。
無風のため、身体から気化熱を奪うことなく、エアコンよりも低めの室温でも暖かく感じます。
■空気が汚れず、安全で衛生的です。
室内での燃焼がなく、風も起こさないため乾燥もしにくく衛生的です。
■アレルギーの方に優しい暖房です。
風の発生がなく、アレルゲンとなる花粉や埃を舞い上げる事がありません。

エアコンとの比較

パネルシェード」は、空気ではなく、輻射(ふくしゃ)により、その空間の各面・天井・壁・床等を直接冷やしたり暖めたりする、全く新しい冷暖房システムです。 冷温水により、輻射で部屋=空間全体を冷やしたり暖めたりするので、冷気・暖気を吹き出して室温を調節するエアコンとは、部屋の冷え方、暖まり方が基本的に異なり、数々の優れた特長があります。
パネルシェードとエアコンを比較してみましょう。

パネルシェード エアコン
冷暖房の方法 冷水や温水を直接パネル内に通し、その輻射(冷輻射・温輻射)により室内を冷やしたり、暖めたりします。 冷風や温風を強制的に室内に送り出します。送風による空気の対流によって、冷房や暖房を行います。
冷暖房の効果 温度変化が少なく、室内の温度を均一に保つことができます。但し、冷暖房の効果が現れるまでに多少の時間がかかります。 運転開始後、すぐに冷暖房の効果が発揮されますが、設定温度に対して周期的に室温が変化します。
特徴
  • ・肌へ直接の風当たりがなく、冷房病を抑制し、長時間の使用に向いています。
  • ・暖房時は室温の上昇が緩やかなので、乾燥肌になりにくく健康的です。
  • ・送風音等は発生せず、無音に近い静けさです。
  • ・チリやホコリ等を舞うことがなく、空気が汚れることがどありません。
  • ・運転停止後も室温をそのまま保ちやすく、持続性に優れています。
  • ・設定温度は、従来のエアコンに比べて、冬は低く、夏は高くても快適な環境を維持でき、電気料金の節減などによる経済性にも優れています。
  • ・送風をコントロールすることにより、スポット的使用ができます。
  • ・一般的に普及しているため、機種の選択肢が多い。
  • ・室内の空気を循環させて送風するため、チリやホコリ、ハウスダスト等が舞いやすくなります。
  • ・モーターの送風音がします。
  • ・暖房時は、乾燥肌になりやすいといわれています。
  • ・冷房時は、冷房病になりやすいといわれています。
  • ・室内機の内部結露が起きやすく、カビの原因になります。
  • ・運転停止後の持続性に乏しい。(室温の戻りが早い)

輻射冷暖房パネル/システム構成の概要

■設置位置・方法
●壁付設置又は間仕切り(自立タイプ)設置できます。
●壁付設置する場合は、パネル裏面の壁には調湿建材を施工してください。
●1階および2階、3階に設置できます。4階以上には基本的にせっちできません。(但し、室外機が2階以上に設置できる場合は条件により可能です。)
●パネルシェードは床と壁または天井に固定します。壁または天井の下地に必ず木下地を設置してください。また、畳の床には設置できません。(一部板間にした場合設置可能です。)
●冷温水配管及びドレン配管は、土台や大引き・梁材と干渉しないように十分ご注意ください。
●既製品壁掛けタイプの場合は、天井高は2,250mm以上必要です。
●自立タイプの場合は、天井高2,400〜2,450mmに対応します。

お近くのショールームで、
パネルシェードをぜひ体感してください。

ショールームを探す
page top